dsc_2728.jpg Exhibition to remember SHITARA 設楽知昭2023年1月7日(土)~1月22日(日) dsc_0250r.jpg デザインは手からはじまる 愛知芸大デザインの系譜 − 磯田尚男 −2022年11月5日(土)~11月20日(日) _dsc0278.jpg アーティスト・イン・レジデンス2022 Halldora Magnusdottir「Reproverse」2022年8月25日(木)~ 8月28日(日) unplugged01.jpg 松本崇宏 UNPLUGGED2022年7月15日(金)~ 7月31日(日) 2-1blind_garden_instalation_view.jpg 浅井真理子 BLIND GARDEN2022年6月25日(土)~7月10日(日) img20230514172610126500.jpg 「水平性|水平線」展 キム・ミョンボム/ジルヴィナス・ケンピナス/村尾里奈2022年6月4日(土)~6月19日(日) img20230514173404906088.jpg KANDA TSUNEMI 光景 - 時空は飛翔する2022年5月14日(土)~5月29日(日)

2024年5月の展覧会

2024年5月11日(土)~6月2日(日) ※月曜休廊

 
アートラボ愛知での展示風景 2023  
 
 
 
伊勢現代美術館での個展風景 2019

つづきりょうこ個展「Layer」

 ネットスラングの一つに『擦る』というものがある。 もともと『擦る(こする)』とは、『物に押し当てたまま繰り返し動かす』という意味で使われる動詞だ。これが漫才業界の中で『同じネタやギャグを何度も使う、複数回披露する』という意味で用いられるようになり、それがネット上で広まり『何かを繰り返す』という意味で幅広く使われるようになった。
 私の作品のほとんどはシルクスクリーンという、版画の中でも特に『孔版画』と呼ばれる技法を用いて作られたものだ。 私はポリエステルの合成繊維の上に描かれたイメージの上にインクをのせ、スクイージと言われるゴム状のヘラで何度も『擦る』。 私はその何度もインクを『擦る』行為にネットスラングの『擦る』という言葉を想起し、それと同時に社会に大きな影響を与えた出来事の多くが年を経ても反芻され『擦られている』(この言い方は不適切かもしれないがここではあえてそう明記する)ことを想起した。そしてその『擦る』行為が、社会にとっては必要だからこそされているということも。
 私はずっと社会と自分との間に漠然とした『距離感』を感じていた。だから私はそれらを俯瞰的に・多角的に眺めるため何度も『擦り』、物質として可視化する。私が感じている距離感こそが私にとって最もリアルな感覚であるから。
 出来上がった作品は、『社会で起きた出来事と私が感じている距離感』を物理的に立ち表す。この行為は私自身の『認識』と『自覚』の為の作業である。そして私はこの作業によって、私も知らない誰かの『自覚』の一助になればいいと思っている。

つづきりょうこ(作家ステートメントより引用)
 

 このたび、サテライトギャラリーSA・KURAでは、本学大学院油画・版画領域の修了生 つづきりょうこの個展「Layer」を開催します。
 つづきは大学時代より、シルクスクリーンを用いて数ミクロンの色面が幾度も刷り重ねられることで「色」が物質として立ち現れるような絵画を制作してきました。今回の展示ではつづきが現在のスタイルになるきっかけとなった作品として、優秀作品賞を受賞して本学に収蔵された自身の修了制作を展示、そこから繋がる現在への流れとして最新作数点を展示します。
 ぜひ足をお運びください。
 
■開催概要
【期  間】2024年5月11日(土)~6月2日(日) 月曜休廊
【開廊時間】 12時00分~19時00分
【入  館】 無料
【会  場】 愛知県立芸術大学 サテライトギャラリー SA・KURA
       〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1-9-19 成田栄ビル地下1階
【お問合せ】 愛知県立芸術大学 芸術情報・広報課 ℡.0561-76-2873
 
【作家略歴】
つづきりょうこ
1994年愛知生まれ、2019年愛知県立芸術大学大学院油画・版画領域修了。
主な展覧会
2023年「境界の隙間でGap in boundary」(アートラボあいち / 愛知)
2019年個展「すきまからみる」(Lights Gallery / 愛知)、「3331 ART FAIR」(アーツ千代田 / 東京)
2018年「メソッドの考察」(学食2F / 愛知)
2017年「LagrangianPoint-Drive on the Half Way-」(Gallery PARC / 京都)、個展「spectrum」(YEBISU ART LABO / 愛知)など。
受賞歴として、平成30年度 愛知県立芸術大学優秀作品賞受賞(修了制作 / 愛知県立芸術大学芸術資料館収蔵 / 2019年)

2024年6月の展覧会

2024年6月9日(日)~6月30日(日) ※月曜休廊

 
これまでの作品
2017_回帰
 
2018_白と黒の均衡
 
2019_右と左で何が違うんだろう
 
2020_ソノサキニ
 
2021_たましずめ

浅野典子「刹那の記憶」

瞬間 瞬間の断片を積み重ねると
そこに
層が生まれる
日々の刹那的経過のなか
重なりあった 今が ここにある
刹那
それは仏教世界において 時間の最小単位と言われている
0.013秒
瞬きをする間にも過ぎ去ってしまう短い時間
けれど
その刹那の重積が
今のわたしたちをつくっていることに違いない

 
 このたび、サテライトギャラリーSA・KURAでは、浅野典子「刹那の記憶」を開催します。
 浅野は愛知県立芸術大学大学院美術研究科彫刻領域を修了、現在は千葉県を拠点とし、様々な表現を試みたインスタレーションを軸に作品を制作しており、近年では「アートと暮らす」をテーマに、アートとインテリアの境界を狙った作品を展開しています。
 ぜひ足をお運びください。
 
■開催概要
【期  間】2024年6月9日(日)~6月30日(日) 月曜休廊
【開廊時間】 12時00分~19時00分
【入  館】 無料
【会  場】 愛知県立芸術大学 サテライトギャラリー SA・KURA
       〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1-9-19 成田栄ビル地下1階
【お問合せ】 愛知県立芸術大学 芸術情報・広報課 ℡.0561-76-2873
 
【作家略歴】
浅野典子
千葉県生まれ在住
愛知県立芸術大学大学院美術研究科彫刻領域 修了
 
伊藤謝恩育英財団奨学生
チバ アート フラッシュ オブジェ02招待作家
The 7th International Women's Arts Festival招待作家
第17回 NAU21世紀美術連立展 奨励賞受賞
YohaSの寺子屋オープニングアート展示2024
日本美術家連盟会員
 
2003年まで愛知県を拠点とし、各地で精力的に展覧会を開催。その間、公共施設などのオブジェを制作に携わる。2006年から2007年にかけスペインへ留学。
現在は千葉県を制作拠点とし、都内各所にて個展、クループ展を開催。様々な表現を試みたインスタレーションを軸に作品を発表している。
近年では、「アートと暮らす」をテーマに、アートとインテリアの境界を狙った作品も展開しています。