dsc_2728.jpg Exhibition to remember SHITARA 設楽知昭2023年1月7日(土)~1月22日(日) dsc_0250r.jpg デザインは手からはじまる 愛知芸大デザインの系譜 − 磯田尚男 −2022年11月5日(土)~11月20日(日) _dsc0278.jpg アーティスト・イン・レジデンス2022 Halldora Magnusdottir「Reproverse」2022年8月25日(木)~ 8月28日(日) unplugged01.jpg 松本崇宏 UNPLUGGED2022年7月15日(金)~ 7月31日(日) 2-1blind_garden_instalation_view.jpg 浅井真理子 BLIND GARDEN2022年6月25日(土)~7月10日(日) img20230514172610126500.jpg 「水平性|水平線」展 キム・ミョンボム/ジルヴィナス・ケンピナス/村尾里奈2022年6月4日(土)~6月19日(日) img20230514173404906088.jpg KANDA TSUNEMI 光景 - 時空は飛翔する2022年5月14日(土)~5月29日(日)

2024年2月の展覧会

2024年2月22日(木)~2月28日(水) ※月曜休廊

史 子涵《ある日、 403号室 -コキュウシタイ》
 
唐 暁琳《貴妃出浴図》
 
伊賀 文香《Room1》
 
趙 訏偲《「留白」について-風が立つNO.2》
 
駒井 正人《茶器》

令和5年度 愛知県立芸術大学博士学位論文・作品展

 
「令和5年度 愛知県立芸術大学博士学位論文・作品展に寄せて」
 
 このたび、令和5年度博士学位論文・作品展を開催する運びとなりました。
 本展は、愛知県立芸術大学卒業・修了制作展「木木木(もり)の卒展」の同時開催企画として、サテライトギャラリーSA・KURAを舞台に令和元年度よりスタートしました。
 本学の最高教育研究機関である博士後期課程において、学生達は博士号取得を目指し、3年間もしくはそれ以上の年月をかけて日々研鑽を積んでいます。
 今年度は、日本画、油画・版画、彫刻、陶磁の各分野から、高い専門性のもとに結実した創作と論文の7名による研究成果をご紹介いたします。
どうぞご高覧ください。


令和6年2月 愛知県立芸術大学美術研究科長 長井千春

 
■開催概要
【期  間】2024年222(木)2月28日(水) 月曜休廊
【開廊時間】 12時00分~19時00分
【入  館】 無料
【会  場】 愛知県立芸術大学 サテライトギャラリー SA・KURA
       〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1-9-19 成田栄ビル地下1階
【お問合せ】 愛知県立芸術大学 芸術情報・広報課 ℡.0561-76-2873
 
 

宮下 陽《青街器「あわひの景」 ()
 
趙 宰瑩《Omok series - 飯床器セット》

2024年3月の展覧会

2024年3月9日(土)~3月31日(日) ※月曜休廊

 主な展示作品

《何でも貸します》 2023年、 135x90 
 
《車に花》  2023年、 50x60.2
 
《物干車》 2023年、 45.7x29.4

城戸保「駐車空間、文字景、光画」

 「駐車空間」「文字景」は、「風景画」シリーズから派生した作品である。私の仕事の要は、大判カメラのアオリ表現を軸に水平と垂直を意識し、世界の平衡と画面が均衡する重心を探り、光の現象と色彩が交差する特異な視点(位置、層)をフレーミングし確定する事である。そしてフィルムをデータ化する際は、画家が画面と対峙するように色価を決定する。絵画に於ける明度や彩度のバルール操作を写真に応用した作品である。
 「駐車空間」は、車に対して特に思い入れや拘りのない私が近年執着している「風景画」である。撮影の選定基準は、車が置かれている空間に対しての光や色を伴った「状況」である。兎に角、自分のアナログなアンテナが一瞬ビビッと反応するかどうかが大事なのだ。「駐車空間」だけではなく、「風景画」シリーズは無人風景ではあるが、何処か人の気配を感じさせる光景である。
 巷の風景は、広告看板や道路標識などの混沌とした文字で溢れている。私は過去に15年程、自然界に於ける右や左のあり方、動物の身体に於ける模様のあり方といった主題で、型や法則を意識した白黒写真による表現を行なっていた。白黒写真は静謐で、ある特定の時間や場所を抽象化し、暗室作業で絵作りが出来る事に惹かれた。何よりもゼラチンシルバープリントの深くて彩度の高い黒が好みだった。だから派手で情報過多な看板は、真っ先にファインダーから避ける対象であり、そこに何らかの美を見つける事は困難だった。その頃の私が、現在の「文字景」を見たら少し驚くかも知れない。
 2018年から継続して制作している「光にかえす」シリーズを、今展覧会から「光画」に名称変更した。理由は単純で、今回は漢字を並べたタイトルが好ましかったからである。これらは、偶然の失敗から写真に於ける「やってはいけないこと」や「間違った道具の使い方」に着目する事で生まれた。同一の構図で撮影した36枚撮りのカラーネガフィルムを撮影後、カメラの蓋を僅かに幾度も開けながらフィルムを巻き戻す事で、画面上にランダムな異次元の光の層を現出させる。そして作為と無作為がせめぎ合う中で、選りすぐりの偶然を伴った写真を選定する。私の思惑を超えた選りすぐりの偶然は、作品として必然となる。

城戸 保

 
■開催概要
【期  間】2024年3月9日(土)~3月31日(日) 月曜休廊
【開廊時間】 12時00分~19時00分
【入  館】 無料
【会  場】 愛知県立芸術大学 サテライトギャラリー SA・KURA
       〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1-9-19 成田栄ビル地下1階
【お問合せ】 愛知県立芸術大学 芸術情報・広報課 ℡.0561-76-2873
 
【愛知芸大芸術講座】アーティストトーク
ゲスト:清水穣氏(美術評論家)    202439日(土)1400
 
 
【作家略歴】
1974年三重県生まれ。
2002年愛知県立芸術大学大学院美術研修科修了。
【主な展覧会】
■個展
2024年  「駐車空間 / 文字景/光画」HAGIWARA PROJECTS、東京
2021年  「駐車空間 / 絵画建築 / 案山子」HAGIWARA PROJECTS、東京
2018年  「光にかえす」 HAGIWARA PROJECTS、東京
■グループ展
2024年  「ペイン天狗とホト愚裸夫」 See Saw Gallery + hibit、愛知
2023年   JR総持寺駅アートプロジェクト#11「ハレーション」JR総持寺駅、大阪
「令和4年度新収蔵作品展」愛知県美術館、愛知
2022年  「瀬戸現代美術展 2022」 菱野団地各所 、愛知
 コレクション展「反射と反転」豊田市美術館、愛知
2020年  「光呼吸 時をすくう 5 人」原美術館、東京
■パブリックコレクション
愛知県立芸術大学芸術資料館、豊田市美術館、愛知県美術館