新型コロナウイルス感染症対策について
 
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、以下の対策を講じた上で開廊いたします。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。なお新型コロナウイルス感染症の状況により、展覧会の予定を変更または中止する場合がございます。
 
ご来場される皆様へのお願い
・次に該当する方はご入場をお断りいたします。 
 ・平熱と比べて高い発熱が確認された方、咳・咽頭痛など、体調に不安のある方。 
 ・新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方。 
 ・過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある方。 
 ・マスク未着用の方。
・手洗い・手指消毒の徹底にご協力ください。
・他のお客様と距離をとってご鑑賞ください。 混雑状況によって、入場をお待ちいただく場合があります。
 
サテライトギャラリーSA・KURAでの取り組み
・全てのスタッフに対して検温を実施し、こまめな手洗い、手指消毒を徹底いたします。
・受付に消毒用アルコールを設置しております。
・会場内は、空調及び扉・窓の開放、サーキュレーターの設置により十分な換気をしております。

7月・8月の展覧会

2021年7月16日(土)~8月1日(日)※月曜休廊

fujisan_2021
 
  
  mori_14_2012
 
 
cloud 6026_2013
 
 

トーマス ノイマン  Thomas Neumann
景色・記憶  Landscape and Memory
 

 
 この度、愛知県立芸術大学サテライトギャラリーSA・KURAにおいて、トーマス ノイマンによる個展「景色・記憶」を開催いたします。
 トーマス ノイマンはドイツの現代写真家を数多く輩出したデュッセルドルフ芸術アカデミーのベッヒャー夫婦クラスで学んだ後にトーマス ルフ教授よりマイスターシューラ―の称号を取得し卒業をしました。
 ノイマンは日本の文化とも精通し、展開された表現は「景色・記憶」をテーマとし、写真表現の可能性を問い続けています。本展は、2002年から制作されてきた作品群であり、様々な切り口を持つ彼の断片をお楽しみください。また最終日の8月1日(日)には、兵庫県立美術館学芸員 小林 公氏をお迎えしてトークショーを予定しております。
 
 
■ギャラリートーク
8月1日(日)16:00~ ※人数限定事前予約制 
詳細は後日 ギャラリー、愛知県立芸術大学ウェブサイトにて
https://www.aichi-fam-u.ac.jp
 
 
  
トーマス ノイマン Thomas Neumann
1975 ドイツ・コトブス生まれ
1997-2004 デュッセルドルフ美術大学、卒業、トーマス ルフ教授よりマイスターシューラー取得
 
【主な個展】
2005  CAIC、ビルニュス(リトアニア)
         ギャラリーAlexandra Saheb,ベルリン(ドイツ)
    「Pictures from Utopia」Aktivist,アイゼンフッテンシュタット(ドイツ)
2006  ドイツ文化会館、パリ(フランス)
2008 「Unbuilt City」ギャラリーAlexandra Saheb,ベルリン(ドイツ)
2010  Museum Baden,ゾーリンゲン(ドイツ)アート賞受賞
2016 「Mori・ishi」ノマルギャラリー(大阪)
2018 「Mindscape」Technische Sammlungen,ドレスデン(ドイツ)
  「   「Matrix」ノマルギャラリー(大阪)
2020 「Exakte Vertrauensgrenzen」Weltkunstzimmer,デュッセルドルフ(ドイツ)
2021 「景色・記憶」サテライトギャラリーSA・KURA(名古屋)
 
【グループ展】
2017   「Static Scope」アキバタマビ21、3331 Arts Chiyoda,東京
2018 「Gute Aussichten Deluxe」House of Photography,ハンブルグ(ドイツ)
2020 「Subject and Object」Kunsthalle,デュッセルドルフ(ドイツ)
 
 
 
 
■開催概要
【期  間】  2021年7月16日(金)~8月1日(日)※月曜休廊
【開廊時間】 12時00分~19時00分 
【入  館】    無料
【お問合せ】 愛知県立芸術大学 芸術情報・広報課 https://www.aichi-fam-u.ac.jp/  TEL: 0561-76-2873