dsc_2728.jpg Exhibition to remember SHITARA 設楽知昭2023年1月7日(土)~1月22日(日) dsc_0250r.jpg デザインは手からはじまる 愛知芸大デザインの系譜 − 磯田尚男 −2022年11月5日(土)~11月20日(日) _dsc0278.jpg アーティスト・イン・レジデンス2022 Halldora Magnusdottir「Reproverse」2022年8月25日(木)~ 8月28日(日) unplugged01.jpg 松本崇宏 UNPLUGGED2022年7月15日(金)~ 7月31日(日) 2-1blind_garden_instalation_view.jpg 浅井真理子 BLIND GARDEN2022年6月25日(土)~7月10日(日) img20230514172610126500.jpg 「水平性|水平線」展 キム・ミョンボム/ジルヴィナス・ケンピナス/村尾里奈2022年6月4日(土)~6月19日(日) img20230514173404906088.jpg KANDA TSUNEMI 光景 - 時空は飛翔する2022年5月14日(土)~5月29日(日)

2024年6月の展覧会

2024年6月9日(日)~6月30日(日) ※月曜休廊

 
これまでの作品
2017_回帰
 
2018_白と黒の均衡
 
2019_右と左で何が違うんだろう
 
2020_ソノサキニ
 
2021_たましずめ

浅野典子「刹那の記憶」

瞬間 瞬間の断片を積み重ねると
そこに
層が生まれる
日々の刹那的経過のなか
重なりあった 今が ここにある
刹那
それは仏教世界において 時間の最小単位と言われている
0.013秒
瞬きをする間にも過ぎ去ってしまう短い時間
けれど
その刹那の重積が
今のわたしたちをつくっていることに違いない

 
 このたび、サテライトギャラリーSA・KURAでは、浅野典子「刹那の記憶」を開催します。
 浅野は愛知県立芸術大学大学院美術研究科彫刻領域を修了、現在は千葉県を拠点とし、様々な表現を試みたインスタレーションを軸に作品を制作しており、近年では「アートと暮らす」をテーマに、アートとインテリアの境界を狙った作品を展開しています。
 ぜひ足をお運びください。
 
■開催概要
【期  間】2024年6月9日(日)~6月30日(日) 月曜休廊
【開廊時間】 12時00分~19時00分
【入  館】 無料
【会  場】 愛知県立芸術大学 サテライトギャラリー SA・KURA
       〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1-9-19 成田栄ビル地下1階
【お問合せ】 愛知県立芸術大学 芸術情報・広報課 ℡.0561-76-2873
 
【作家略歴】
浅野典子
千葉県生まれ在住
愛知県立芸術大学大学院美術研究科彫刻領域 修了
 
伊藤謝恩育英財団奨学生
チバ アート フラッシュ オブジェ02招待作家
The 7th International Women's Arts Festival招待作家
第17回 NAU21世紀美術連立展 奨励賞受賞
YohaSの寺子屋オープニングアート展示2024
日本美術家連盟会員
 
2003年まで愛知県を拠点とし、各地で精力的に展覧会を開催。その間、公共施設などのオブジェを制作に携わる。2006年から2007年にかけスペインへ留学。
現在は千葉県を制作拠点とし、都内各所にて個展、クループ展を開催。様々な表現を試みたインスタレーションを軸に作品を発表している。
近年では、「アートと暮らす」をテーマに、アートとインテリアの境界を狙った作品も展開しています。